包茎は性病の元となる?

kanshi

ネットで包茎のことを調べると、
包茎は放置しておくと性病になるので早めに治療しなければならない
といったような意見が数多くあり、その意見を信じて包茎治療を手術する人が後を絶ちません。
しかし、このネット内での噂は本当なんでしょうか。

正解は、YESです。
特に真性包茎・カントン包茎は性病の元となる可能性が小さくはありません。

 
正確に言うと包茎と性病に絶対的な因果関係はありません。
しかし、包茎の人と包茎でない人の性病発生率を比べると包茎の人の方が圧倒的に性病に罹患する確率が高いという結果が出ています。

包茎状態は、以前説明したように清潔に保つことが非常に難しい状態です。【参考記事:「包茎って臭う? 言われないだけで「臭い」って思われてる?」】

また、日常的に亀頭が包皮に覆われた状態が長いため、刺激にも弱くなりがちです。
この包茎の不潔かつ貧弱という状態は普通のペニスより性病になりやすいのです。
たとえば、

  • 亀頭包皮炎(亀頭の腫れ、膿の現出)
  • 尿路感染症(尿道の炎症、排尿時の痛み)
  • 尖圭コンジローム(亀頭やペニスの先端にできるボツボツとした粒状の出来物)
  • 性器ヘルペス(水膨れの水泡、赤い発疹)
  • クラミジア(発熱、尿道から膿の現出)

といった性病は不潔かつ刺激への抵抗力が低いと罹患しやすい性病であり、つまり包茎状態だと罹患する確率がかなり高い病気だということです。

もちろん、命に別状はありません。
しかし、性病はセックスパートナーへと伝染する可能性が高く、その状態での性交はおすすめしません。
また、痛みや異臭を伴うので不快に思われる可能性がかなり大きいです。

なので、「包茎は性病の元となる?」という噂に対する正確な答えは、「自分で清潔にできる仮性包茎は除いたとしても、それでも普通のペニスより性病に罹患する確率はかなり大きい」です。
そして、何よりも、包茎の一番怖い症状は”モテる男ではなくなってしまうこと”です。

男性にとっては女性からモテないより、モテたほうが絶対にいいですよね?
女性といい感じになって、身体の関係まで発展したときに包茎であることがわかってしまったら女性はどう反応するでしょう?

モテないのは下半身に自信がないから!?包茎を治してひとつ上の(ウエノ?上野?)男になろう」 というサイトでも包茎を治療することでワンランク上の男になれることが説明されていますので、興味がある方はご覧になってください。