安易なバイアグラはかえって危険

バイアグラ、レビトラ、シアリスといったED治療薬は高い人気を誇っており、輸入が解禁されてから10年以上経過する今でも年々売り上げを伸ばし続けているという驚異の実績を誇っています。

これほどまでに売れることには理由があります。
続きを読む “安易なバイアグラはかえって危険”

精力剤にED治療効果はあるの?

ed

ネットでED(勃起不全)のことを調べると、
「ED治療薬やジェネリックED治療薬を使わずとも、もっと安価な精力剤でEDを治療することができる」
といったような意見が数多くあり、その意見を信じて多くの人はクリニックでの処置よりも精力剤での治療を行っています。

しかし、このネット内での噂は本当なんでしょうか。

正解は、Yesです。
EDに効き目があると言われている精力剤を服用することでED状態を改善することに期待できます。

そもそも、バイアグラ・レビトラ・シアリスといったED治療薬は絶大かつ確実なED改善効果を持っていますが、効果が一時的なものであることと副作用を招く恐れがあるというデメリットを抱えています。
これは効き目が軽くなった代わりに副作用が弱くなったジェネリックED治療薬も同じで、その本質的なコンセプトは変わっていません。
しかし、ED治療系精力剤はED治療薬・ジェネリックED治療薬とは違い、効き目に即効性・確実性はないものの、長期的に服用し続けることにより根本的なED改善に期待できます。
また、精力剤は漢方などの天然由来の成分を取り扱っているため副作用が極めて小さいのも特徴です。

精力剤に確実性がないと言ったのは、悪質な精力剤が数多く出回っているからです。
誤ってそのような精力剤を服用したとしても効果は出るはずもなく、下手をすると体に悪影響を及ぼす可能性もあります。
精力剤でのED治療を考えているのなら、事前にしっかりと精力剤のことを調べてから購入することが大事ということです。

なので、「ED治療薬やジェネリックED治療薬を使わずとももっと安価な精力剤でEDを治療することができる」という噂に対する正確な答えは、「精力剤でも治療することは可能だが、吟味して購入した精力剤でないと効果がない」です。

精力剤にこだわる方はこちらのサイトも参考になると思います。
はじめての精力剤ガイド

メンソールタバコがEDの原因となる?

ネットでED(勃起不全)のことを調べると、
「メンソールタバコを吸い続けるとEDになる確率がかなり大きくなる」
といったような意見が数多くあり、喫煙者の多くを戦々恐々させています。
しかし、このネット内での噂は本当なんでしょうか。

正解は、Noです。
メンソールタバコを吸ってもEDになることはありません。
そもそもメンソールとは薄荷のことなので、これでEDになるのなら薄荷キャンディーでも同様の噂がたってもおかしくはないのですが、そのような噂は一切ありません。

ここで重要なのはメンソール成分にはEDの原因たり得る効果がないということです。
これは言い換えるなら、タバコ自体はEDの原因になってもおかしくないということです。
煙草を吸うと血行が(一時的に)悪くなり、血流が滞ります。
そして、これは海綿体をはしっているような毛細血管ほど影響を受けやすいです。
健康状態の人は煙草の影響をあまり受けませんが、「ストレスが蓄積していて元々毛細血管が委縮している人」「栄養バランスが崩壊していて元々血流が滞っている人」といった他にもEDになる要因を持っている人は喫煙によるED発生率がかなり高くなります。

なので、「メンソールタバコを吸い続けるとEDになる確率がかなり大きくなる」という噂に対する正確な答えは、「メンソール自体にはEDになる要因がないけれど、タバコ自体にはEDになる要因がある」です。

生活習慣を改善すればEDの体質も改善するのか?

ネットでED(勃起不全)のことを調べると、
「生活習慣を改善さえすればEDを治すことができるので、わざわざ手術を受ける必要がない」
といったような意見が数多くあり、その意見を信じて包茎治療・包茎手術を踏みとどまっている人が大勢いません。
しかし、このネット内での噂は本当なんでしょうか。

正解は、Noです。
生活習慣を改善することで治るEDもありますが、すべてのEDが生活習慣の改善だけで治療できる訳ではありません。
続きを読む “生活習慣を改善すればEDの体質も改善するのか?”

EDは高齢者しかならない?

ネットでED(勃起不全)のことを調べると、
「EDは高齢者特有の現象であり、若いうちの勃起不全はすぐに治る」
といったような意見が数多くあり、その意見を信じて20代~30代でED治療・ED手術を受ける人はほとんどいません。
しかし、このネット内での噂は本当なんでしょうか。

正解は、Noです。
EDは年齢問わず起こる症状で、20代~30代でもEDになったのなら早急な治療を受けることが必要です。

EDに悩む大半の人が器質性EDで、その性質上、高齢化による生活習慣病が引き金となっていることが多いです。
また、その器質性EDの原因たりえる生活習慣病は若いうちだと治療しやすいという性質を持っています。
そのため、「EDは高齢者特有の現象であり、若いうちの勃起不全はすぐに治る」という意見が蔓延しているのが現状です。

しかし、以前別の記事で紹介したようにEDになる原因は生活習慣病以外のものもあるため、看過することは許されていません。【参考記事:「EDは生活習慣を改善するだけで治る」】
むしろ最近では若くしてEDになる人が増えているのです。
この若い年代のEDを医学会では若年性EDと呼んでいます。

若くしてEDになる原因は、生活の乱れによる血行不良や栄養の乱れもありますが、それ以上にストレスの蓄積による精神的なEDが大きいです。
また、マスターベーションを行う際の発奮材料も、AVやエロ本も2次元3次元問わず簡単に入手できる環境なので、女体に対してある種の免疫ができてしまい興奮しづらい体質へと変容していることも若年性EDの理由として挙げられます。

なので、「EDは高齢者特有の現象であり、若いうちの勃起不全はすぐに治る」という噂に対する正確な答えは、「年齢問わずEDになるのにはちゃんとした原因があるので、EDは誰でも起こりうる病気」です。